また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > 今月のおすすめルート > 越後駒ヶ岳
ルートID: r1146 ☃ 雪山 1泊2日 甲信越 2019年4月

越後駒ヶ岳
えちごこまがたけ

濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
日本百名山に選ばれている越後駒ヶ岳。
厳冬期には豪雪となるこの地域でも4月の残雪期に入れば雪も安定し、初級者でも楽しめる好ルートとなります。
体力があるパーティーであれば日帰りも可能ですが、行程が長いので駒の小屋に宿泊するとちょうど良いでしょう。
※公開日:2019年04月01日
ルート長17.2km
登り標高差1227m
下り標高差1227m
行程概要: 道行山(1298m) → 小倉山(1378m) → 百草の池 → 駒の小屋 → 越後駒ヶ岳(2003m) → 駒の小屋 → 百草の池 → 小倉山(1378m) → 道行山(1298m) → 石抱橋
Web Services by Yahoo! JAPAN

【越後三山】越後駒ヶ岳の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 初級者でも楽しめる安定したルート
  • 山頂からの素晴らしい眺望
  • 日本百名山
モデルプラン
1日目
歩行時間:8時間30
石抱橋登山口〜道行山〜小倉山〜百草の池〜駒の小屋〜越後駒ヶ岳〜駒の小屋
2日目
歩行時間:6時間
駒の小屋〜往路下山〜石抱橋登山口
山と高原地図 《ヤマプラ》
http://yamare.co/T0l1a8
コース概要 石抱橋登山口から歩き始める。
しばらくは北ノ又川に沿って進むが、柳沢を渡った辺りから右手に伸びる尾根へ取付く。
所々雪が消えた尾根上を進み、急な斜面を登れば主稜線上の道行山に到着する。
ここから越後駒ヶ岳を目指すが、まだまだ遠い距離だ。
緩やかな尾根を進むと小倉山の直下でトラバース道となるが、雪の状態が悪い場合には尾根通しに進もう。
広々とした尾根を進むとやがて1,763m峰への急登となる。
これを登り切ると顕著な雪稜となり、駒の小屋の直下で再び急な登りとなる。
駒の小屋に到着したら、時間と体力と相談して山頂を往復してしまおう。
主稜線直下の雪庇を避けるように進めば山頂へと導かれる。
初日は山頂から駒の小屋へ戻り1泊となる。
翌日は往路をそのまま下山するが、急斜面での滑落や雪庇の踏み抜きには十分注意したい。
計画書提出先 新潟県警察本部または小出警察署地域課。
※登山口にポストあり。
宿泊 駒の小屋:080-2024-5375
※2Fの冬期スペースを利用。管理協力金として一人2,000円を支払うこと。
※食料と寝具・食器類は持参のこと。
(無人冬期小屋)
交通 奥只見シルバーラインは夜間通行止め。午前6時より午後6時まで通行可。
※公共交通機関の運行はない。
駐車場 石抱橋登山口に無料駐車場あり。
(10-15台程度)
アドバイス 行程が長いので早立ちを心掛けよう。
道行山までは急な斜面が続くので滑落に注意しよう。
悪天候時など視界が悪い時には尾根を外しやすいので注意すること。
小倉山周辺や越後駒ヶ岳の山頂直下では雪崩に細心の注意を払うこと。
サブコース 特になし。
エスケープルート 特になし。
入浴 《魚沼市交流センター ユピオ》
大湯温泉近くにある日帰り温泉施設。無料休憩所もありゆったり寛ぐことができる。
http://ooyu-yupio.com/
おすすめ周辺情報 《いろりじねん》
天然素材の食を楽しめる日本料理店。蕎麦も美味しいが野草の摘み草サラダや天婦羅もおすすめだ。
http://irori-jinen.sakura.ne.jp/
《小出食堂》
昭和10年創業の昔ながらの中華そばが美味しい大衆食堂だ。丸川屋と並んで人気が高い。
https://goo.gl/maps/U7bdejMa7fR2
《そば処薬師》
休日には並ぶこともある人気の蕎麦店。うどんとの2色盛りやへぎ蕎麦がおすすめだ。
https://goo.gl/maps/uPt3NM7wSdA2
《富貴亭》
小出駅前にある。岩魚定食がおすすめで活きた岩魚を水槽から出して〆るので刺身も新鮮で美味しい。
https://goo.gl/maps/LfT13yoLoP82
1
石抱橋登山口から登山開始。
早朝から歩き始められるよう前日中には登山口へ到着しておきたい。
2
北ノ又川からはこれから登る越後駒ヶ岳と越後三山の中ノ岳を望む。
3
しばらくは北ノ又川沿いに進む。
残雪が少ない場合には上部に通っている林道を進んだ方がいい場合もある。
4
柳沢を渡ると右手から伸びる尾根を確認できるはずだ。
積雪の状態を確認して登路を頭の中で考えておこう。
5
道行山へと伸びる尾根に取付く。
下部はかなり急な登りが続くので雪が緩んでいる時は滑落に十分注意したい。
6
1,064mピークとの鞍部から道行山へ向かう。
細かなアップダウンが続く尾根は藪を歩く箇所もある。雪の状況により尾根通しで歩くのか巻くのかを決定したい。
7
道行山の直下は再度急な登りとなる。
8
傾斜が緩めば主稜線上の道行山に到着する。
背後には荒沢岳が大きくそびえる。
9
これから登る越後駒ヶ岳を視界に捉える。
小倉山から連なる稜線は長く遠い。
10
小倉山に向かって快適な雪稜を進む。
雪庇は左側に発達するがこの時期であればそう大きなものはない。
11
背後にそびえる荒沢岳はその名の通り荒々しい姿を見せている。
12
やがて小倉山への登りとなるが山頂は通過せずトラバースする踏み跡をたどる。
但し雪の状態によっては雪崩の危険性が高いので稜線通しに進むこと。
13
小倉山のトラバースを終えれば越後駒ヶ岳に向かって登っていく。
ここから駒の小屋までは厳しい登りが続くので焦らず自分のペースを守って進もう。
14
1,763mの小ピークを急登で越えれば顕著な雪稜を進むようになる。
傾斜は一旦緩まるが左右への滑落には注意したい。
15
駒の小屋へ向けて最後の急斜面に取付く。
16
背後には毛猛山地から浅草岳・未丈ヶ岳・会津朝日岳・飯豊連峰の大展望が広がる。
17
急斜面を登れば駒の小屋のアンテナが見えてくる。
一息で駒の小屋に到着だ。
18
石抱橋登山口から7時間ほどで駒の小屋に到着する。
時間と体力に余裕があれば荷物をデポして当日中に駒ヶ岳の山頂に向かおう。
19
駒の小屋から越後駒ヶ岳の山頂に向かう。主稜線直下には雪庇が張り出していることが多い。
ブロックの崩落に注意しながら右手にトラバースして山頂方面へ進もう。
20
越後駒ヶ岳の山頂に到着。
山頂には道案内の神として知られる「猿田彦神」が祀られている。
21
山頂からは素晴らしい展望が広がる。
東南方向には八海山が荒々しくそびえる。
22
南には中ノ岳から巻機山・谷川連峰の美しい姿を望む。
23
山頂の展望を楽しんだら駒の小屋へ戻る。
冬期は玄関脇にある梯子を登り2階から出入りする。
24
駒の小屋の内部は清潔な板張りとなっている。
火器の使用は必ず決められた場所で行い失火に細心の注意を払うこと。
25
【2日目】
翌日は往路をそのまま下山する。
下山が遅れると奥只見シルバーラインの通行止め時間となってしまうので早朝には出発しよう。
26
朝焼けに染まる尾根を下る。
石抱橋登山口までは6時間ほどの距離だ。
27
【入浴】
「魚沼市交流センター ユピオ」は大湯温泉近くにある日帰り温泉施設。
無料休憩所もありゆったり寛ぐことができる。
28
【おすすめ周辺情報】
「いろりじねん」は天然素材の食を楽しめる日本料理店。
蕎麦も美味しいが野草の摘み草サラダや天婦羅もおすすめだ。
29
【おすすめ周辺情報】
「小出食堂」は昭和10年創業の昔ながらの中華そばが美味しい大衆食堂だ。
丸川屋と並んで人気が高い。
30
【おすすめ周辺情報】
「そば処薬師」は休日には並ぶこともある人気の蕎麦店。
うどんとの2色盛りやへぎ蕎麦がおすすめだ。
31
【おすすめ周辺情報】
小出駅前の「富貴亭」は岩魚定食がおすすめ。
活きた岩魚を水槽から出して〆るので刺身も新鮮で美味しい。
※上記の情報は記事公開日(2019年04月01日)時点の情報です。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

※本記事内にて各山域に生息する動植物の紹介を行う場合がありますが、自然保護区域への立ち入りや希少生物の採取・捕獲・譲渡・販売等は、法令により禁じられています。多くの方が自然を楽しみながら登山ができるよう、動植物の保護にもご協力ください。

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ